トランクルームとスレイベル

乙女ゲーム(+α)の感想など

おすすめアプリゲームADV編

今好きなフリーゲームとかアプリとかまとめといたら、あとで読み返したとき楽しいだろうなーいつか書きたいなーとは思っていたけど、とあるアプリがセールしてたのでいい機会だと思って試験的にあげてみます。

まずはおすすめの乙女ゲーム書けよと自分でも思わなくもないけど。

※今回あくまで一般向けADVから選んだので乙女ゲームアプリはありません。

※基本継続的なプレイを要する形式のゲームは続けられない性質なので「買切型」あるいは(基本無料のものはスタミナ制にしろなんにしろ)「さくっとEDが迎えられる」ものばかり遊んでいます。今回もそういうものばっかり。

※アプリのリンク貼ったのでちょっと重いかも。この辺ご了承のうえ続きからどうぞ。

レイジングループ

ADV レイジングループ【プレミアムセット】
ADV レイジングループ【プレミアムセット】
無料
posted with アプリーチ

買切型(ただしボリュームたっぷりのサンプル無料版有)。

主人公はバイク旅行者。とある山を通りがかった際事故を起こして、隔絶された辺境の集落に迷い込む。そこには奇妙な風習・信仰が残っていて、主人公が脱出する間もなく霧が発生。住人達は「おおかみ」とやらが復活したと騒ぎ出し、実際にその夜主人公は化け物に殺されてしまう。しかし気づけば彼はまたバイクで集落の近くに立っていた。その不思議な体験を生かして今度は生き延びる主人公。朝を迎えると住人から集落から出るには住人に紛れ込んでいるおおかみを見つけ出し「くくる」必要があると言われるが…。

私が今回突発的にこの記事を書いた元凶。

実は現在GooglePlayではシルバーウィークセールと称して本編が半額。いつまでセール期間なのかがどこにものっていないので、急いで書いてます。欲しい方が間に合えばと!

おおかみは誰なのか? そもそも伝承は本物なのか? なぜ主人公はループするのか?

先が気になってしょうがない展開で購入当時一気にプレイしました。ノベルゲームなもので人狼ゲームというにはかなりやれることが限られてきてしまうのですが、モチーフとしては十分雰囲気が出てると思います。特に誰をくくるか決める宴パートの疑心暗鬼感。

多数のバッドエンドを迎えることで新しい選択肢を選べるようになる周回前提の仕様。わかりやすいチャートが用意されているのでクリアは難しくないです。大別すると3つのルートがあるのですが、そのうち初回ルートが無料体験版でまるまる遊べますのでまずはそちらからどうぞ。

雰囲気ホラー、ちょこっとグロ。ですが文章のみでイラストCGはうまーくぼかしてあります。

同メーカーのD.M.L.Cも面白かったですが、こちらはもっとノリがギャルゲより。あと(レイジングループよりも)なんでもありです。

 

 

 

歪みの国のアリス

歪みの国のアリス~アンコール
歪みの国のアリス~アンコール
開発元:SUNSOFT
¥480
posted with アプリーチ

不思議で不気味で、少し愛しい、長編テキストアドベンチャー

買切型(旧版)+基本プレイ無料(新装版)。

放課後の教室で居眠りをしていた女子高生の「私」。目をさますと不気味なフードの男がいて、彼は「さあアリス、シロウサギを追いかけよう」と告げる。アリスという名前に覚えがない「私」だったが、男はどこまでもついてくるし、いつも通っているはずの学校は様子がおかしい。成り行きでシロウサギを探すことになった「私」が、迷い込んだ歪んだ世界で真実を見つけるストーリー。

かなり有名なタイトルなのでプレイ済みの方も多いのでは。

ガラケー配信当時めちゃくちゃはまって周囲に布教しまくったなー。ナイトメアプロジェクトの配信タイトルはすべてクリア済みですが、やっぱりこれが一番好きです。不気味な世界のおかしいけど愛着が持てる住人達や切ないストーリーが魅力的。一応しっかりホラー描写あるんですけど、なんでかあんまり怖くない(笑)。ホラー苦手な妹にもすすめてすっごい嫌がられたけど最後はノリノリでクリアしてた。

ご注意いただきたいのは、

・買切型(確か480円)でガラケーの内容をそっくりアプリに移植した旧版

・ビジュアル面を一新し一日にチケットを配布する形で読める新装版(アンコール)

の二種類が存在すること。ストーリー内容は同じ。一応アンコールも全部丸ごと読めるチケットみたいなのが買えるけど旧版より高い(1600円)です。旧版買ってると1200円で買えます。

気になるけど好みに合うかもわからないのにいきなりお金出すのはなーって人はまずはアンコールで無料お試しがよろしいかと。歪み~が面白かった!っていう人は同メーカーの「オズの国の歩き方」もハマると思います。

 

 

 

彼女は最後にそう言った

彼女は最後にそう言った
彼女は最後にそう言った
無料
posted with アプリーチ

基本無料。というか課金要素なかった気がする。

夏休みで久々に地元に帰っていた主人公のもとに、4年前に亡くなったはずのクラスメイトから「祭りの夜、展望台で待っています」という手紙が届く。半信半疑ながらもお祭りの日展望台へ向かう主人公。しかし彼女には会えず気を失ってしまい、気づけば再び祭りの始まる時刻に時間が戻っていた。手紙を出したのは誰なのか。なぜ彼女は死んだのか。4年前に何があったのか。繰り返す時間の中で真実を主人公は真実を探すことにする。

基本ノベルゲームである前の二つのアプリとは異なり、ドットの2Dマップ上の主人公を動かし探索するタイプのADV。かつての友人たちや町の人に話を聞いたり、特定の場所を調べることで話が進みます。ほんのり切ない、感動系のシナリオになっています。

「実績」という内容の細かいプチやりこみ要素もあってなかなかのボリューム。なにより無料で制限なしにプレイが可能ですので、ちょっとした時間つぶしに是非どうぞ。

※私がプレイ時の話です。なにかバージョンで変更があったらごめんなさい。

また特に誘導等がないので気づかないで終わってしまう方もいるかもしれませんが、こちら(ちょこっとだけど)二周目が存在します。

 

 

 

四ツ目神

四ツ目神 【謎解き×脱出ノベルゲーム】
四ツ目神 【謎解き×脱出ノベルゲーム】
開発元:SEEC Inc.
無料
posted with アプリーチ

基本無料。時間経過で体力(スタミナ)が回復するタイプ。

父の実家のある村に連れてこられた中学生の主人公「相良真依」は、やむをえず訪れた不思議な神社から出られなくなってしまう。顔を隠した不思議な少年とともに伝承にある「四ツ目神」の真実と隠された「相良家」の過去を解き明かすことに…。

すみませんこれだけまだクリアできてません。クリア済みの同じメーカーの「アリスの精神裁判」にしようかなとも思ったのですが、四つしか紹介してないのにアリス被りどうよ、とも思ったので。

和風で雰囲気はすごくいいです。ジャンルに脱出ゲームの文言が入っている通り、マップの気になるところをタッチして調べる、アイテムを入手する、それらを組み合わせて謎を解きストーリーを進めるタイプです。

読んでいくだけのノベルゲームは退屈、という方にはこちらの方がおすすめかも。キャラクタービジュアルも他3つと比べて可愛い感じなのでとっつきやすいですし。

クリアしたらネタバレにならない程度に感想追記したいと思います。

 

またも誰得自己満足記事でしたが、お付き合いありがとうございました。

書いてる私はすごく楽しかったです。懲りずにまた隙を見てこういう感じのおすすめ記事をあげたいので、その時はよろしくお願いします。

本当は「本当に面白いアプリゲーム10選」とかNav○rまとめみたいなタイトルにしたかった。

 

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村