読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランクルームとスレイベル

乙女ゲーム(+α)の感想など

これからVitaを購入する方へ向けた簡単なまとめ

 

HDD整理してたら去年友人がVita本体を買ったときに作成したまとめが出てきたので晒してみます。こういうことが気になるんじゃないかな~という一問一答形式。
もし万一参考にしようという方がいましたら、まずは必ず公式サイトでの確認をお願いします。

www.jp.playstation.com

これはあくまで補助的なものですので。

また調べればすぐにわかる基本的な内容のみになってます。
一応情報の更新や手直しはいれたはずですが、古い・誤った情報がありましたら、お手数ですがコメント欄でご指摘お願いします。

 

 

クリックすると該当の項目に飛びます。

 

 

Vita本体にはどんな種類があるの?

大きく分けて「PCH-1000」シリーズと「PCH-2000」の2種類があります。変わり種にVitaTVなんてものも。 

公式サイトを見ると「PCH-2000 ZA11」のように書かれていると思います。

PCHの後の数字が本体の種類、ZA11~はカラーバリエーションです。
「PCH-1000」「PCH-1100」を1000シリーズと呼び、他には「PCH-2000」が存在します。

 

 

 

何が違うの?

サイズ・重量・液晶など細々したところが異なるようですが、大きな違いだけまとめます。
1000シリーズはWi-Fiの他に3G回線が使える。2000は内蔵メモリが1Gついている。
Wi-Fi通信はどの本体でも可能です。

 

・3G回線~とは平たく言うと携帯電話の回線を使ってインターネットが出来るということです。つまり3Gの電波塔が建っているところなら外でもVitaをネットに繋ぐことができます。

ただしdocomoで別途契約(有料)が必要です。またひとつ前の通信規格*1なので速度が遅く、動作が重い場合も。

ソニーのゲーム機は、本体以外に記録媒体が必要な場合があります。PS2メモリーカードPSPメモリースティックみたいなものですね。これがないとセーブができません。
VitaにもVita専用メモリーカードが存在しますが、2000には元々本体に約1G*2保存領域が存在します。環境にもよりますが本体だけでセーブして遊べる仕様になってます。

 

 

 

どれを買えばいいの?

どのVita(※)でもVitaソフトは遊べます。でもPCH-2000を推奨します。
※VitaTVのみ例外で、一部非対応ソフトあり。

 

・そもそも1000シリーズは生産が終わっている古い型になります。1100もつい最近終了しました。

今からお店で新品を買うとなると自然に2000になる可能性が高いです。

また前述したのですが、1000シリーズにするメリットは薄いです。乙女ゲームメインで使ってると屋外でネット必須な状況ってそうないですし。たとえ新品でも生産が終了しているということはそれだけの間倉庫や店頭で埃被ってたということでもあり…。

・どうしても3G回線が必要!という方以外、2000を購入しましょう。
・VitaTVはVitaソフトの中に一部非対応のものが存在します。
対応しているか否かはオフィシャルサイトで検索可能ですが、そもそもVitaTV本体自体生産完了して時間が経つので、お店で見かけることはそうなく、こちらもどうしてもという理由がなければ選択肢から除外していいと思います。

 

 

 

他に買うものはある?

メモリーカードは早めに買っておきましょう。

PlayStation Vita メモリーカード 16GB (PCH-Z161J)

PlayStation Vita メモリーカード 16GB (PCH-Z161J)

 

・2000なら内蔵メモリがついている、とはいえ1Gでは心もとないです。
何本で1Gがいっぱいになるかはソフトと状況によりますが、一々容量を気にするよりはメモリーカードも買ってしまいましょう。
・保護フィルムも買っておいた方が無難です。携帯される方はケース・ポーチ・カバーもご一緒に。

・なんかアマゾン8Gが高騰してる気がする…購入の際はまずは定価がいくらなのかご確認ください!

 

 

 

メモリーカードはどれを買えばいいの?

使用スタイルにより異なります
またVitaのメモリーカードVita専用(ソニー純正)のものしか使えません。SDカードなどは使用できませんのでご注意を。

 

・現在取り扱いがあるのは8G(約2000円)・16G(約4000円)・32G(約7000円)・64G(約11000円)。
・必要容量はPSストア・公式サイト・パッケージ裏面などに記載がありますので、ご自身で欲しいソフトの分計算すると確実ですが、目安としてパッケージ版派(店頭や通販で現物を買う派)は8G~16Gダウンロード版も利用する・フリープレイ*3も遊びたい・音楽やスクショもバンバンとりたいなら32G以上を用意するのをおすすめします。

・計算すると言っても容量ギリギリはやめましょう。8Gといっても実際に使用できるのは7~8割程度です。
・PCなどを使ってデータの移行は可能です。が、メモリーカードの複数持ちは、カードのサイズが小さくて紛失しやすく、またデータ管理が面倒なのでお勧めしません。よって個人的には最初に(自分の買える範囲で)大容量のものを買った方がいいと考えてますが、この辺はお好みで

 

 

 

中古じゃダメ?

本体・メモリーカード新品を買いましょう
ソフトは中古でもいいかと。私も結構利用しますが今のところまったく動作しないものには当たったことがないです。

メーカーさんのこととか考えると新品がいいですけどね。この辺は個々人のお財布状況にもよるので。

 

・中古はどれも故障するリスクをはらんでいます。特にゲームハードは精密機器。一見綺麗に見えても、一度水濡れしていて現在はたまたま動いている状態である可能性や一度分解されている可能性もないわけではありません。
・故障して有料で修理・新品で再購入の可能性もあることも念頭において中古は購入検討しましょう。
メモリーカードは消耗品です。セーブ・ロードを繰り返すたびに少しずつ寿命が減っています。よってこれもお勧めしません。

 

 

 

PSPのソフトは使える?

ダウンロード版のみ使用可能です。
つまりUMDディスク(パッケージ)版は使用不可能です。

 

・そもそもPSPでダウンロード版も出てる乙女ゲーム自体数が少ないのですが…。
UMDを持っているとダウンロード版がお得に買えるサービスが終了してしまったので、Vitaでダウンロード版をプレイしたければ、定価で買い直しになります。
PSPの時点でダウンロード購入していた方がいれば、同じアカウントなら無料で使用可能です。ただPSP全盛期の頃にダウンロード版を利用していた人が乙女ゲームプレイヤーにどれだけいるのか…。

 

 

 

ダウンロード版ってどこがいいの?

パッケージ版と比べたメリット・デメリットをまとめました。
〇 メリット

・ソフトの入れ替えをしなくて済む。出先でゲームやる方には結構重要です。
・ダウンロード版しか存在しないゲームがある。インディーズゲームとか。残念ながら乙女ゲームのVitaダウンロード専売は聞いたことないですが。PSPソフトもVitaでやるにはダウンロード版でしかできません。
・PSストアセール時は中古より安い時がある。ときには80パーセントオフも。
・ものによっては発売日0時からプレイ可能。※対応タイトルのみ。それ以外は発売日の大体お昼頃からPSストアに並びます。

 

× デメリット
・飽きても売れない。貸し借りもできない。データですからね…。
メモリーカード容量を圧迫する。
・セーブデータの管理がちょっと面倒。メモリーカードの空き容量が少なくなると、現在不要なデータを消そうとすると思うのですが、基本的に「ゲームデータを消し、セーブデータは残す」ということができません。一括ですべてのデータが消えてしまいます。セーブデータのみ残したい場合、外部(PC・オンラインストレージ)にバックアップを取らなくてはなりません。
・PSストアの年齢制限が厳しい。例えば14才のプレイヤーの場合、CERO C(15才以上対象)のものはPSストアに表示もされません。これは絶対的なもので、プレイヤーには対処しようがないようです。かといって年齢を偽るとソニー公式のサポートを受けられなくなることもあるとかで、この場合は大人しくパッケージ版を買いましょう。

 

・個人的にはセールなど期間限定で安いとつい買ってしまいます。これが一番大きいですね。今だと百花百狼が最安値(Plus会員価格)2,376円です。

 

 

Playstation Plusってなに?

色々お得な機能が利用できるようになる有料(※)サービスです。
※一ヶ月約500円ほど。購入方法によっては一ヶ月あたりの値段はもう少し安くなります。

 

・色々ありますが個人的に嬉しかった主な機能は、毎月特定のゲームが無料で遊べる「フリープレイ」、セーブデータをネットで預かってくれる「オンラインストレージサービス」、PSストアセール時に会員だともっと安くなる(こともある)「ディスカウント機能」など。

・入ると便利というだけでVitaの場合加入必須ではないです。PS4のみオンラインマルチ(ネットでの協力・対戦モード)にはほぼ加入必須ですが。

 

 

 

Plusの加入方法は?

他のダウンロードゲームと同じく、PSストアで売っている商品を買うことで加入できます。サービス利用権を買う、という形式です。専用のカードを購入し、コードを入力することでも加入できます。

 

・1か月分、3か月分、12か月分の3種類があり、まとめて買うほどお得です。
・例えまったくサービスを利用していなくても、リアルタイムで期間が過ぎると会員でなくなります。ゲームをしないときはPlusを更新しないのも一つの手です。
・会員になった時で、「期間が過ぎると、自動的に(お金を払って)会員更新する」機能がオンになっています。

継続的に利用したい場合や残高が残っていない場合は問題ありませんが、そうでないならオフにしておきましょう。特にクレジットカードを登録される方は、放っておくと延々自動で引き落とされるので要注意です。

※会員になったりやめたりが頻繁な方は、会員になるたびにオフにする必要があります。

・更新停止方法:PSストアアプリのオプション(・・・のマーク)からサービスリストを選択。Plusサービスを選択し「自動更新を停止する」を選んでください。

 

 

 

フリープレイとは

有料のPlaystationPlus会員になっていると、毎月何本かずつ特定のタイトルを無料でプレイできます。

 

・今月のフリープレイ(Vita)は「ネットハイ」と「エビコレ フォトカノKiss」でした。他の機種を持ってなくてもネット上で購入は可能です。一度購入すると会員期間中はずっと遊べますし、別の機種を買ったときにアカウントの購入履歴から無料でダウンロードできます。

・会員期間が切れるとロックがかかりますが、再加入すれば再びプレイ可能になります。
・お目当てのゲームがフリープレイ配信期間中に会員になっているだけでは、無料でプレイできるようになりません。配信期間中に購入手続きをする必要があります。カートに入れて購入確定ボタンを押すまで、ですね。ダウンロードまでする必要はないですが、ご注意ください。
・フリープレイに乙女ゲームは残念ながらほとんどきません。全く前例がないわけではないので気長に待ちましょう。

 

 

 

うたプリ移植、おそ松さんのソフトも来るということで、Vitaを持っていない層が購入するのでは…と思い、読みやすいブログの形式の試行がてらあげてみました。

私のブログは全体的に見にくいんですよね…今回は文字サイズとかカラー変更したのですが、あまり変わっていないような。もっと過剰にしないとダメなのか。

お付き合いありがとうございました。 

 

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

*1:現在はその次の4G=LTEが主力

*2:正確には1G弱、ですが

*3:後述します