読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランクルームとスレイベル

乙女ゲーム(+α)の感想など

下天の華 光秀ルート感想

セーブデータ分けすぎて、ちょっと間を置くとどれがどのデータか忘れた挙句、軽率に上書きしちゃう(バカ)。

一応信長様まで終わってるんですが、信長様マジ信長様でちっとも感想がまとまりそうにないので、先に光秀ルート感想だけでもあげときます。第六天魔王やばいぞ。

ネタバレ配慮しておりませんのでご注意ください。

 

明智光秀  (CV野島健児)

f:id:ayahata_pulep:20161020233721j:plain

共通ルート、かえる姿の主人公に「そんな眼をしてもだめだよ」と真剣に話す姿が既に可愛いかった兄様。
個別でもやっぱりめんど可愛いかったです。

 

どのルートでも、裏切者の振りをして真の謀反人を炙り出すために動いている光秀。なぜ彼がこんなまだるっこしいやり方を取ったのかこれまで他ルートでは詳しく触れられませんでしたが、要は有能すぎて人間不信気味だったからのようです。
というのも光秀は信長に会うまで主君に恵まれませんでした。
優秀すぎて「いずれこちらを裏切り、自分が取って代わる気では」という恐れを抱かせてしまうようです。なので「そんなん器の小さい主が悪い、俺なら使いこなす(意訳」と言って拾ってくれた信長に、彼は彼なりに尽くそうとしています。
ただし過去が過去なので信長の家臣になっても、仲間に本音を見せようとしません。
なまじ優秀なのも災いして、何もかも一人でやろうとするタイプ。そっちの方が煩わしくもないし、結果的に効率がいいとか考えてそう。
主人公を雇用したのも、自分が動くと目を引きすぎて炙り出す前に捕まってしまう恐れがあるから渋々やむを得ず、という感じのようです。
このルートが一周目でもない限り、プレイヤーは既に光秀の目的を理解しているわけですが、主人公は当然知る由もなく。
主である光秀を理解したい、彼の力になりたいと頑張ってきたのに信長様暗殺の密命を出されて、毎度のことながら辛そうでした。
それでも光秀が信長のために遅くまで仕事をしていること、上記の信長に仕えるようになった経緯などから、何度も彼に「本当に暗殺が望みなのか」と問いかけ「自分はあなたの力になりたい」と訴えます。しつこい、とうんざりする光秀の気持ちがわかるくらい(笑)
同じくらい信用していいものかどうかという光秀の方の葛藤も伝わってきたので、画面の前で「いけ!もうひと押し!」と応援してもいました。
結局根負けした光秀が真の目的を作戦前に明かしてくれた時は、思わずガッツポーズしましたね!
これまでの四度(家康・百地・秀吉・蘭丸ルート)は騙され利用されるような形でのお仕事だったので、ようやく躊躇いなくくのいちとしての本領発揮と張り切る主人公を思うと胸が熱かったし、信用された証明でもあったので嬉しかったです。
兄様は勉強や仕事はできるけど、人付き合いはへたくそなんだなとしみじみ思うルートだったので猶更。嫌われ役を買って出たり結構貧乏くじ引いてる人なので、心情を理解し支えてくれる部下は切実に必要だと思います。
結局その会話を百地に聞かれていて主人公の代わりに師匠が襲撃、信長を庇った光秀が負傷してしまうんですが。
予期せぬ事態に主人公は咄嗟に自ら捕まり、己の主は信行だと嘘をつきます。これにより一応目的通り信行の捕縛には成功するものの、光秀からすると中止にしたはずの襲撃を決行されているので、主人公を信用したのに裏切られたと考えても仕方がない状況です。でもその後、彼女が牢で「詳しくは話せない*1けど、私は光秀様を裏切りません」と弁解するとそれを信じてくれるんです。あの兄様が。
これまでの積み重ねが結果に繋がっているのがわかって大変良かったです。
恋愛面はけだるげで艶っぽい感じかと思いきや、意外と仕事以外では子供っぽいというギャップ萌えの人でした。意地悪したり、風邪の時に甘えたり、城を去る主人公を引き留められない察してちゃんだったり、可愛い。
「唇に触れられると心を奪われてしまう」という言い伝えを本気で信じている主人公も可愛かったし、それを聞いて律儀にやめたのに最後にキスしてくる兄様も卑怯で可愛い。可愛いしか言ってない。
でもこの二人は基本、信頼関係の延長線上の恋愛だと思います。でもそれが最高に良かったです。

 

罪の華ルートは刺客として捕まった後、光秀の命には二度と逆らわないと誓わされて辛い任務に身を投じ続けるエンドでした。
具体的にはそのまま光秀の妹姫として残り、嫁入りした先から情報を流したり邪魔な人間を消すなどです。虚ろな目で帰還した主人公を「今日は声を上げても構わない、夫が死んで泣いていると思われるだろうから」と抱きしめる光秀。淫靡な雰囲気で「ネオロマなのに…!?」とびっくりしました。
この光秀は恋愛エンドルートと違って内情を全部明かしたわけではないものの、ある程度までは主人公を信頼していたのに裏切られているわけです。なので可愛さ余って憎さ百倍というか、わざと苦しい目にあわせているように見えました。罰を与えている、鬱憤を晴らしている感じ。
彼の持つ子供っぽさがここでも顔をのぞかせてますね。というか兄様心狭ゲフゲフ。
でも裏を返せば、光秀も信頼できる相手を(恐らく)永遠に失ってしまったという結末なので、そういう意味では一番空しいと感じるEDでした。

お疲れさまでした。

 

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

*1:百地が罰せられてしまうため