読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランクルームとスレイベル

乙女ゲーム(+α)の感想など

乙女ゲームの感想ブログを読むことがとにかく好きだということ

連休中にクリアしようとペルソナ5漬けです。現在12月後半で終わりが見えてきました。これは何エンドなんだろう…。

一部の無料DLC配布期限が10日までなので、まだの方はお忘れなく。キャサリンで検索した方が見つけやすいかも。

そして13日にライドウさんDLC(有料)くる!!!うれしい。

 

今回はタイトルそのまんま、つらつら雑記です。

いつにも増してまとまりがない。それでもよろしい方はお付き合いよろしくお願いします。

 

あなたの感想が(私のプレイする)ゲームをもっと面白くする

のでもっと恵んでください(小声)

ゲームでも本でも映画でもひとの感想を読んだり聞いたりするのが大好きです。思考とか価値観、内面が垣間見えるのが好き。

乙女ゲームだとなおうれしい!という感じ。

 

どちらかというと「面白かった」、「つまらなかった」という一言で終わってしまうものより「なぜ、どこが面白かった/つまらなかったのか」詳しく書いてあるブログさんをより頻繁に訪問しがちです。

詳しく感想が書いてあると当然文章量も増えて読みごたえがあるというのもありますし、自分と同じような感想にわかる!と共感するのも楽しいし、自分と違う意見になるほどなーと感心しきりで読むのも楽しい。

同じシーンを好きな人でも、それぞれ理由はバラバラだったりして対比すると面白いです。逆に作品全体やルートには同じような意見を書いているのに、最終的にはまったく正反対の評価になっている方もいます。

深い考察や、自分の中の言葉にならない感動をずばり文章にしている方に巡り合うと、もう口を開けて頷くしかない。

素晴らしい数々の感想を踏まえて再プレイすると、作品を別視点で楽しめる気がします。評価を手のひら返ししたりもします(笑)

自分自身のものの見方が大変偏っていてその時のコンディションに左右されやすいことを自覚していますので、他の方の意見で確認したいという意味合いもあると思います。

 

あらすじを詳しくまとめてくださっているところも、ポンコツ脳みそからプレイの記憶を引き出す時大変ありがたいです。

そもそも私がブログに感想をまとめている第一の理由はあまりにも穴が開きやすい自分の記憶の補完のためなのです。これはつまり「たとえ自分の感想でも時間を置くと興味深く(錯覚して)読める」のです。自給自足していくスタイル。

実際には何言ってるんだコイツ的外れにもほどがある!と赤面することの方が多いですけど。

ただ仮にもブログを書く身として、ネタバレに配慮するとどうしても簡潔になってしまうのもわかります。私自身プレイ前のネタバレは絶対嫌(※)なタイプなので、そういうタイプは面白いか、萌えたかだけをずばり書いてくれた方が購入の参考にしやすいんですよね。

※個人的にストーリーや世界観全体に真相や謎のある作品の方が好きで、かつそういう作品においてネタが割れてると魅力が半減して感じるタイプです。

 

 

ネタバレに関して知らんがな!と言うしかない個人的なジレンマ

ネタバレ嫌派という上記内容と若干矛盾しますが、自分がすでにプレイしたもの、あるいは恐らくプレイしないものに関してはネタバレありのほうが断然好みです。

というのも前述しましたが、ネタバレなしで語る感想にはかなりの制限がかかります。

どこからネタバレかの線引きがまず結構難しいです。こだわる人は実際プレイするまで公式サイトも一切見ないでしょうし、序盤共通ルートくらいなら平気という方もいるでしょう。

さらにどこが良かったか語りたくても具体例も出しにくく、結果どうしてもふわふわしがち。

※ネタバレせずにうまーく魅力だけ伝えられるスキルをお持ちの方もいます。

面白い感想は余すところなく100パーセント味わいたい(病的)。

なので乙女ゲーム仲間さんには、基本ネタバレOKということにしてます。プレイ予定のものに話が及ぶとストップ*1してもらいます。

ただ自分が既にプレイしたものに関しては特に言うこともないのですが、問題は「きっとプレイしないだろうな~」と思ってた作品。

個人的にその作品が好きな人の感想ほど購入意欲が湧くものもないと思っています。

つまり「購入予定になかったのに欲しくなっている」のに「すでにネタは割れている=個人的魅力半減状態」状況に陥ることがあります。

あるいはあまりに熱*2を込めてぼろくそ言うので逆に気になってきたりすることもあります。

 ほんと自分でも文章にしてて「知らんがな!!!」って感じですし「じゃあ一切ネタバレ見るなよ!」とも思うのですが、「ネタバレ感想を聞かなかったらそもそも購入しようとも思わなかった」というジレンマ。

実際プレイするとやっぱりネタバレ前にプレイしたかったと感じる作品も、自分には合わなかったと思う作品もあります。

でもネタ割れしてても楽しかった!!という作品も確かにあるんですよね…。

蓋を開けてみないと評価がわからないのが乙女ゲームですので、他者の忌憚なき意見というのは私にとって重要な購入基準です。

私はこれからもジレンマ抱えつつ、ネタバレ感想を覗いてはぶっこみ続けるんだと思います。

 

 

 

 

オチ?着地点? そんなものはないです。

お付き合いありがとうございました。

 

※今回コピペ失敗した状態で一度途中送信してしまってたみたいです。

ご覧になった方いらっしゃったら申し訳ありません。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

*1:面倒くさくて申し訳ない

*2:批判であれ意見が止まらない時点で、ある意味すごい作品でもあると思うので