トランクルームとスレイベル

乙女ゲーム(+α)の感想など

黒蝶のサイケデリカ 全体感想

灰鷹あげるまえに、前のブログにあげてた黒蝶のサイケデリカの全体感想を転載しときます。
なんだかやたらとテンションが高い。草とか生えてる。
ネタバレはなるべくしないようにしているそうですが、現在の総評とは毛色が違います。
この色は今回ブログにあげるにあたって足した追記。

 

黒蝶のサイケデリカ

黒蝶のサイケデリカ

 

 フルコンプしました!
そしてこのブログは本来私がプレイした作品の内容を忘れないためのものなので、いつもがっつり内容を書くんですが公式からネタバレ少し待ってというお知らせがあったそうなので今回のみ内容には触れない程度に感想書きたいと思います。
内容については日が経ってから後日。

 

まず箇条書きにてざっくり。

長所
・主人公も含めキャラが魅力的
・ゲームを通しての課題「謎の洋館とその主の正体」、「洋館からの脱出」「キャラたちの過去」などには一応の決着がつく
・展開がとてもスピーディ
フローチャートシステムで分岐がわかりやすく、また周回が簡単なので攻略がさくさく進む
ミニゲームが思っていたより難易度が低め&そこまで何回もプレイする必要がなかった
・一部EDがメリバ風味(BADエンド大好きなので)

短所
・キャラによって(設定上仕方ないけど)EDとかの扱いに差がある
・短い。初回四時間ちょいでした
・初回は随時SSを開放しないと先に進めないので、そこでシナリオがぶちぶち切れるような感じがした
・謎SE


まとめると「キャラ萌えできて面白かったです。なので短くて残念」っていう感じ。

 

記憶をなくした主人公と仲間たちが、謎の洋館からの脱出を目指して襲って来る化物と戦い不思議な蝶を狩るっていうゲームで、こういう内容自体にシリアスなテーマとか謎解きがあるものが大好物なのですがで、実際にプレイしてみたら私的には内容の面白さ<キャラ萌えの比重が大きかった。
このゲームってサスペンスじゃなくてホラーファンタジーよりなんですけど、そこを(完全に私の落ち度で)思い違いしていたので序盤ちょっと肩透かしだったっていうのがあるかもしれない。
シナリオ自体は特にクセもなく、丁寧に不気味な舞台の描写、主人公の心情を描いてたと思います。引き込まれました。
サクサクと展開も進み、中だるみもありませんでした。
オチ自体は賛否両論あるかな、と。
破綻しているわけではないのですが、好きなキャラに幸せになってもらいたいというのがプレイしてる方の感情としては当然だと思うので。
某キャラ好きな人はちょっとショックを受けるかも。※救済EDもあります。
謎に関してはそこまで大どんでんがえし!みたいなのはないです。予想の範囲内でした。
あと上にも書きましたが本筋自体は割と短めです。そこからSSやら派生ルートやらで枝葉がいっぱい伸びてる感じ。

今回久々のボイス有り主人公だったのですが紅百合可愛かったです。
「あーここでこんなことされたらそりゃ落ちるわー」っていうヒロイン力のある子が好きなので、紅百合もばっちりタイプでした。
攻略キャラたちもそれぞれ魅力的でした!
正直発売前にサイト覗いてた時は特にお気に入りの子はいなかったんですが、今はどの子も好きです。
みんなで掛け合いしてるところも個別イベントもにやにやしてしまいました。
ただしそういうものはほとんどSSに入ってます。本筋で乙女っぽいイベントはあまりなかったような。

 

ちょっと残念だったのがとある出来事から一気に逆ハーっぽい展開になること。じっくりと攻略キャラと仲を深めたい人には向かないかもです。
また個別キャラルートがルートと言ってもいいのかわからないくらい短め。
そのために個別ルートに入ってないにも関わらず、紅百合が恋人っぽい行動をいろいろなキャラと取ること。
一応そうなるにいたった事情をちゃんと書いてくれてますが、違和感のある方もいるかも。

あと個人的に一番惜しいなって思ったのが「あの時のこのキャラ攻略させてよ!」っていうのがあったこと。
すごくいいキャラで自分の最萌になりそうだったので…。

 

立絵、スチルは元々原画家さんのファンだったのでとても楽しめました。
立絵結構細かく動くのにびっくり。
座るところでちょっと下に下がるし、震えてる時((((;´・ω・`)))ガクガクブルブルしますwww
SEは演出過多っぽいのがありました。ずっこけるときにビヨーンっていうのはちょっとwww

エンド後の補完SSみたいなのがなかったのでそういうのも見てみたかったな、と少し思います。
楽しかったので短いのがほんっと残念で。
もっと濃厚にどっぷり浸かってみたかったなというのが正直な感想です。
しかしそうなるとだらだらしててつまらなく感じてしまうのかな・・・。難しいところです。
後日キャラクターCD(本編未収録EDあり)が出るそうなので、普段CD買わない人間なのですがちょっと購入検討してみようと思います。

(追記:一人だけ視聴したのですが、個人的にはなぜわざわざCDにわけたのかわからない内容だったのでそのほかのキャラクターは聞いてません)
本編に入れて欲しかったなとも思いますが、そこはまあ大人の事情とか容量の問題とかあるのでしょうね。


ほんとうにだらだら書き綴りましたが、どこまで書いていいのかわからないためとりあえずこの辺で締めようと思います。
キャラごとの詳しい感想、ルート内容ネタバレについてはまたいずれ。

(追記:とかいって書いてない)

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村