トランクルームとスレイベル

乙女ゲーム(+α)の感想など

ちょこっとB'sLOG感想とこれからの予定とペルソナ5プレイ日記その1

本日発売B'sLOG11月号購入しました!

感想というほどではありませんが、個人的にちらっと思ったことを数行で書いてます。内容にも触れてますのでご注意。

ペルソナ5に関しては例によって例のごとく「ネタバレ厳禁」のお達しが公式から出ていますので、プレイしてみて現時点でのシステム面などの感想です。ストーリーには公式サイトに出ているもの以上には触れていません。

 

B'sLOG11月号のこととか

今月号で一番びっくりしたこと。

遙3(+十六夜記)Vita移植おめでとうございます!

発売日は2017年2月23日予定。

もしかして事前にどこかで発表あったかもしれませんが、私は全然知らなかったので寝耳に水的に本当に嬉しかったです。

PS2版はシリーズ3作品ともプレイしました(一応クリアした)が、PSP版はノータッチでいつか買おうか迷っていたところでした。

でもこれ「運命の迷宮」は入ってないですよね? 別売になるんですかね。

そして今回泰衡さんが攻略対象になります。

当時めちゃくちゃ攻略したかった記憶があるので(というかEDがむなしすぎた)これも嬉しい追加要素です。

ただし彼を攻略するには限定版二種を早期に予約するか、後に配信される有料DLCを購入する必要があります。

本編そのものもかなりボリュームがある&移植に大分時間があいたのでまだマシな気がしますが、個人的にはちょっと微妙な顔になってしまう商法ですね。シリーズずっと支えてきたファン的にはどうなんでしょう? 出るだけ嬉しいって感じかな。

記憶もだいぶうっすらしてるので、楽しみに続報を待ちます。

 

もうひとつ、オトメイトより発売予定の「おそ松さんTHE GAME(ry」、主人公はゲームオリジナルっぽいですが雑誌での分類が「一般ゲーム」になってますね。

ある程度想定内でしたが、乙女ゲームではないようです。こちらは肩の力を抜いて待ちます。

 

年内購入予定とか

9月29日 灰鷹のサイケデリカ

11月24日 Code:Realize 祝福の未来

12月22日 遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド

     剣が君 百夜綴り

こんな感じでもうすぐ発売予定の灰鷹のサイケデリカ以降、購入予定がぱかっと空きます。FD・続編祭り状態なのでリバソンちょっと迷ってますが。

一応サイケデリカまでに、残っている夏空のモノローグを終わらせて、サイケデリカと下天をすすめていくつもりです。

そのあとは遙か6かな。

遙か6はルードだけクリアして積んでいたところ、リアルの友人Mさん(乙女ゲームはほとんど知らない)がVita購入したとのことだったので軽い気持ちで体験版を勧めたら、即購入、フルコンプしてきて噴出した記憶があります。

乙女ゲーム初心者にも遙かは通じる。私もがんばらねば。

 

 

 

ペルソナ5プレイ中です

ストーリー内容について

前のブログあたりで触れたとおり連休中はゲームができませんでしたので、ほとんど進んでませんが。

内容はピカレスクロマン*1風味です。

今回は主人公も仲間も社会のはみだし者というか、学校の廊下を歩くだけで「ほら噂の転校生だよ…」とかヒソヒソやられちゃうような子たち。※一応強者やその他大勢に貼られたレッテルにすぎず、ガチの悪人ってわけではないです。

そんなある意味弱者である彼らがペルソナの力を手に入れて、悪人の心中世界を具現化したパレス(ダンジョン)に侵入、彼らの欲の塊であるオタカラを盗むことで改心させて世直し…というのがだいたいの流れ。

ただメンバーが(正義感に酔って)感情的にことを進めようとすると、「それは正しいことなのか」と反論してくるキャラクターが現れるなど、単純な勧善懲悪ものでは終わらないようです。どのような決着をみるのか楽しみ。

ゲーム全体について

難易度ノーマルで現在の進行状況としてはゲーム内では6月後半、パレス3つ目のラスボス直前です。プレイ時間は26時間なのでボリュームもそこそこ。

P3、P4と根本的なプレイシステムは同じなので、それらが好きならきっとP5も楽しめます。ただし上記のようなシナリオなのでP4よりはダークな感じ。主人公チームは前向きだけど敵がクズばっかりだし、周囲の風あたりも強めなので。

演出やUIのスタイリッシュさは増し増し。操作的には○ボタン連打するだけなのですが、パレス内を物陰に隠れながら進んだり*2、目標の塔の壁をひょいひょい登っていったりといった「怪盗的」アクションはばっちりです。

また今回ダンジョン内のギミックやデザインがかなり増えてます。攻略するうえで同じデザインのフロアを延々焼き直しだと飽きてくるタイプなので大変嬉しい変化でした。

前作との違いで気になったところ

今回、(合体以外で)新規にペルソナを手に入れようとすると、相手をダウンさせて交渉しなくてはなりません。

これがちょっと面倒。ライドウも悪魔会話苦手だったからな。

一応交渉のコツみたいなものは開示されるのですが、慣れるのに時間がかかるしレベルを上げすぎると即殺してしまうので。ぶん殴ってると相手からも申し出があったりするのでもっぱらこっち狙いでやってます。

あとはストーリー内容にもかかってくるのですが、今回パレス攻略に至るまである程イベントをすすめないといけません。

次のターゲットは誰にするか、それは本当に悪人なのか、侵入するには名前と根城とそのイメージが必要なのでそれらの調査…などの流れを踏まえないと「他人の心に踏み入ることはできない」ってわけです。

また前述しましたが今回パレス内に色々な仕掛けが存在します。それに伴い、一度現実へ帰還しなくては先に進めないギミックも出現しました。

よってこれまでのようにコープ(コミュ)イベントに費やすためパレスは一日で攻略、というのが不可能です。パレス攻略には日数的に余裕をもって挑む必要があります。

 

今のところこんな感じ。

ペルソナ5は発売までなるべく情報を入れずにいたのですが、主人公のパレス内でのキャラデザめちゃくちゃかっこいい!!!黒いロングコートで颯爽と進みます。

あと今回ペルソナもシャドウも結構しゃべります。性格設定もきちんとあるっぽい。

今のところカバー時のカメラ以外は特に不満もなく楽しんでいます。内容的にバッドエンドありそうなのですが、とりあえず一周目は手探りで攻略見ずにいきたいと思います。

ものすごくとりとめなく書きましたが、今回はプレイ日記ということで。

お疲れ様でした。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

*1:主人公の初期ペルソナがアルセーヌだし

*2:ただこれはカメラが壁に引っかかるせいであまり操作性は良くない